プロジアウォーターとは

プロジアウォーター(次亜塩素酸水溶液)の特長

強力な除菌力

次亜塩素酸の強力な除菌力は、ほとんどの細菌やウィルスに効果があり、芽胞細菌等の強い菌にも力を発揮します。

次亜塩素酸水溶液の抗菌性

不快な悪臭も強力に消臭

悪臭防止法で指定されている22物質のうち、日常の悪臭は下記の4種でほぼ8割を占めるといわれています。
これらの臭いを強力に消臭します。
生ごみなどの除菌・消臭に次亜塩素酸水溶液プロジアウォーター

  • アンモニア(尿・糞など)
  • 硫化水素(卵の腐敗臭)
  • トリメチルアミン(肉や魚の腐敗臭)
  • メチルメルカプタン(たまねぎの腐敗臭)

生ごみ臭、ペット臭、タバコの臭い、生活臭などもこれらに含まれます。

人体にも安全

プロジアウォーターは人の皮膚とおなじpH6(±0.5)。手でさわった時のヌルヌル感がなく、他の塩素系除菌剤のような塩素臭もありません。

pH値と有効塩素存在率グラフ
塩素ガスが発生しないため、人がいる場所でのドライミスト噴霧による空間除菌が行えます。食品加工工場や病院、待合室など、人の集まるところで威力を発揮します。

加熱するとさらに除菌力が増加

プロジアウォーターの除菌力は、温度が上がるほど増していきます。

除菌・消臭のメカニズム

次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めただけのものは、病原菌の細胞壁を破ることができません。
微酸性領域にpH調整した「微酸性次亜塩素酸水溶液」にすることで、細胞膜を透過して細菌を死に至らしめます。

次亜塩素酸水溶液のデメリット

汚れた場所の除菌消毒には弱い

プロジアウォーターは、細菌やウイルスに対して強い除菌消毒効果を発揮しますが、有機物にすぐに反応をしてしまうため、除菌したい対象物が汚れていると除菌効果を発揮する前に反応してしまい、効果を失ってしまいます。
その分、有機物の消臭などには、効果があります。

ですので、ノロウイルス感染者の嘔吐物や排泄物を処理する際には、まず汚れを取り除き、その場の洗浄をしてから、最後に仕上げ殺菌をするという使い方がおすすめです。

汚れた服の洗濯やトイレの消毒に用いる場合は、大量に掛け流しをすると効果が発揮されます。
この場合、濃度が薄くても効果を発揮するという特徴も持っていますので、水で希釈して50ppm程度に量を増やし、洗浄水として使いながら除菌まで行ってしまうことをお勧めします。

長期間の保存ができないため備蓄がしづらい

プロジアウォーターは製造からの保存期間が短く、長くてもおおよそ半年~1年程度が保管期限となっています。
アルコールのように何年も保管期限があるわけではないので、常時新鮮な状態のものを手に入れる必要があります。
防災グッズとしても利用できますが、使用しないで保管するというより、備えながら日常にも利用していただくことがお勧めです。

プロジアウォーターの効果試験について

日本化学療法学会標準法(MIC)および抗菌製品技術協議会の最少殺菌濃度測定法を参考にプロジアウォーターを段階希釈し、1時間振盪(30℃)で菌体に暴露後にNB固体培地に塗布して公的機関で試験していただきました。
48時間後にコロニー形成がみられない濃度を最少殺菌濃度とした場合、プロジアウォーターは芽胞菌に対して100ppm、大腸菌に対しては、4.0ppmという結果が示されました。

工場・商業施設まるごと除菌・消臭

広い空間を除菌・消臭 Cleanfog System

空間の規模に合わせたシステムをご提案いたします。

業務用除菌・消臭専用超音波噴霧器

オンラインショップ

除菌・消臭専用 超音波式霧化器

HACCP対応超音波式霧化器

HACCP対応データロガー機能付超音波霧化器HGC-502D

よくあるご質問
お客様の声
導入事例
ソフトウェア開発、システム開発、Web/デジタルコンテンツ業務、ネットワーク構築、CAD設計、パソコンスクールのハーテック

▲ページのトップへ