銀イオン水溶液の除菌のしくみ

本来、銀は非常にイオン化されにくい金属の一つですが、シルバーモイストP47は、銀イオン安定化水として開発されたものを使用いたしております。

Ag+(安定化水)
銀イオンは多種のバクテリア、ウイルス、カビの細胞の中に侵入し、細胞遺伝子の増殖を止め死滅させます。低い濃度で高い殺菌効果が認められています。

銀は他の金属と比べ、酸化力が強く対象となる物質から電子を失わせる力が有り、物質の二重結合に作用し分解します。銀イオンが細胞菌酵素中のスルフヒドリル基と結合し、細菌のタンパク質を変性させ活動を押し込み、抗菌、消臭効果を促します。また、銀イオン水はアルコールとは異なり、揮発性が無い為長い効果と肌の荒れがありません。
今日、市場に多くの除菌消臭剤が市販されています。
銀イオンは殺菌力、消臭力効果が格段に高く、人や動物、自然環境面にも全く安全です。現在、アメリカ、FDAは銀イオンの低濃度は危険物質から除外されています。又、アリゾナ大学が学会にてAg+の評価テスト結果発売で、ほとんどの病原菌に対して、殺菌効果を認められた論文が提出されました。
(ノロウイルス、大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、O-157、ジオネラ菌、ポリオウイルス等数百種類。)さらに、ナノ銀とは異なり、銀イオンは200ピコと分子レベルで存在しています。

シルバーモイストP47

▲ページのトップへ