スイムウォッチシステム(Swimwatch System)

タッチ板で計測した競泳タイムをリアルタイムで確認できるシステムです。
従来のコーチによるストップウォッチ計測ではなく、個人個人のタッチによって計測ができます。また、それぞれのタイムをサーバーに集約するため、一元管理が可能になります。

計測タイムを手書きで書き留めたものをパソコンで入力するといった作業をすることなく、各レーンのタイムをリアルタイムで確認することで、コーチがより、指導に集中することが出来ます。

特長

簡単な操作性

タッチ板からのタイムをレーン毎のタブレットで確認

タイムの一元管理

各レーンごとのタイムが一括画面で確認できます

データの分析が可能

ダウンロードしてエクセルで加工ができます。

構成図

導入事例

サンケイSTスイミングスクール様

スイムウォッチシステムを導入したことで、コーチの計測誤差がなくなることと従来のストップウォッチ計測における手間、手書き、手入力データ処理作業にかける時間の大幅な軽減が行われました。これにより、生徒のモチベーションアップやコーチの指導方法の工夫が生まれ、スクール運営においても新しい取り組みを行う時間が取れています。

導入のメリット

ご相談・お見積り無料です。お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP